液面計選定ガイド/製品案内
●液面計選定ガイド
■直視式(反射・透視・二色・チューブラ)・マグネット式 付加仕様 選定ガイド
                           (◎:標準材質 ○:オプション △:型式により一部不可 ―:供給不可)
ゲージ様式
千鳥型
ジャケット型
円筒広径型
角広径型
角中広径型
汎用不凍型
円筒広径不凍型
角広径不凍型
液面計型式
R2Z
T2Z
T4・6・12Z
SW4・6・12Z
R2・4・6J
T2・4・6J
MGJ
RL2・4
TL2・4
RK
TK
RSL
TSL
R2F
T2F
RL2F
TL2F
RK2F
TK2F
断面図
             
参考図面
ダウンロード(PDF)
最高使用圧力
(ガラスサイズ4の場合)
単位:MPa(kgf/cu)
6.3( 64)
4.1( 42)
15.5(157)
15.6(157)
12.5(128)
11.4(116)
29.4(300)
5.9( 60)
4.4( 45)
4.9( 50)
4.9( 50)
3.9( 40)

3.4( 35)

6.3( 64)

4.1( 42)

3.9( 40)
3.4( 35)
4.9( 50)
4.9( 50)
温度範囲(℃)
-10〜400
-10〜400
-10〜450
-10〜450
-10〜450
-10〜450
-165〜450
-10〜400
-10〜400
-10〜450
-10〜450
-10〜450
-10〜450
-165〜100
-165〜100 -165〜100 -165〜100 -165〜100 -165〜100

本体 
炭素鋼
ステンレス鋼
ガラス  
硼珪酸
シリコンコーティング
FEPコーティング
ガスケット
PTFE
グラファイト
ノンアスベスト
ボルト 
ボルト用鋼
ステンレス鋼
接続される代表的な
ゲージバルブシリーズ
L200
L500
L200
L500
MY100
MY200
H200
MY100
MY200
H200
L200
M100
MY100
L200
M100
MY100
 
L200
LV
WB
L200
LV
WB
LV
WB
LV
WB
L200
LV
L200
LV
L200
L500
L200
L500
L200
LV
WB
 L200
LV
WB
 LV
WB
 LV
WB
高圧ガス認定品の有無
用途 ・ 特長
複数の液面計を並列に組立、左右の可視部をずらすことによって不可視部のない連続した液位を監視することができます。 凝固性液体や、沸騰性液体の場合、ゲージ本体を加熱あるいは冷却することで正確に液位を監視することができます。 発泡性、沸騰性液体を見やすくするために液室を大きくし、液位を安定させ正確な液位を見ることができます。
凝固性液体や温度変化によって沸騰性のある液体の場合は、ゲージ本体を加熱あるいは冷却させたジャケット型にすることもできます。
広径液面計本体を角形にして、メンテナンスを容易にできるようにし、より安全性をもたせた型式です。
長さ2mまでは一体となり、不可視部が僅少になります。
広径型液面計の機能をもちながら各種ライニング、コーティング加工用に開発した用途の広い液面計です。
長さ2mまでは一体となり、不可視部が僅少になります。

凍結温度以下で使用する場合、ゲージガラスの着霜防止のために、アクリル樹脂板をガラスの前面に装着することで、正しい液位を見やすく監視することができます。 凍結温度以下で使用する場合、ゲージガラスの着霜防止のために、アクリル樹脂板をガラスの前面に装着することで、正しい液位を見やすく監視することができます。