会社沿革/会社案内
会社沿革
1920年
(大正9年)8月
茂木合名会社輸入部の営業の一部を引継ぎ、文化貿易商社を創立
1928年
(昭和3年)4月
リヒ・クリンゲル社及びベルモンド社のボイラー関係機器、水面計、部品(パッキン等)の輸入開始
1943年
(昭和18年)10月
業務拡大にともない組織を株式会社に改め、文化貿易株式会社に改称。自社設計製作のBBK式水面計を国内主要ボイラーメーカーに供給
1960年
(昭和35年)4月
米国インペリアル・イーストマン社の冷凍空調用配管工具および機器類の一手販売を開始
1974年
(昭和49年)10月
計装部門の拡張にともない、永代分室を開設
1976年
(昭和51年)9月
埼玉県久喜市「久喜菖蒲工業団地」に久喜工場を完成、操業開始
1978年
(昭和53年)2月
社名を文化貿易工業株式会社に改称
1984年
(昭和59年)11月
中国遼寧省鉄嶺光学儀器廠と技術合作契約を締結して、高温高圧用水面計の技術を供与し、合作を開始
1985年
(昭和60年)1月
久喜工場が経済産業大臣から高圧ガス設備試験・製造事業所の認定を取得
1990年
(平成2年)4月
国産初の電極式水面計「ステップロードビジョン-SRV」を開発、販売を開始
1991年
(平成3年)9月
中国鉄嶺光学儀器廠と合弁で、遼寧省鉄嶺市に鉄嶺-畢克儀器儀表有限公司を設立し、石油化学用液面計の合弁生産を開始
1996年
(平成8年)12月
計装部門が国際品質マネージメントシステムISO9001を認証取得
1997年
(平成9年)5月
久喜工場が電気事業法に基づく溶接資格を取得
2000年
(平成12年)2月
本社および営業所を丸の内から自社所有の永代事務所に移転
2001年
(平成13年)4月
久喜工場敷地内に久喜配送センター完成
2013年
(平成25年)2月
本社事務所を江東区から千代田区平河町に移転
2014年
(平成26年)12月
社名呼称をBBKテクノロジーズに変更